FC2ブログ
「けんかのきもち」の作者 柴田愛子さんのお話・・・
3月2日(土)に守山の青空保育まつぼっくり10周年記念事業に参加してきました。

『まつぼっくり』の代表は、『ほんわかの家』の設立スタッフでもあります。

そうか。もう10年経つんです。

守山と近江八幡で拠点とする活動場所は離れていますが、時折出会い、話すとホッとする人柄は今も変わりません。

その『まつぼっくり』の代表が常々話しの中に出てきた「りんごの木」の柴田愛子さんのお話

10周年記念事業で講演のために来られました。

私はラッキーでした
こどもの「おそい・できない」が気になるとき


私と子どもの会話をこっそりどこかで聞いていたんじゃない?って思うくらいドキッとする柴田さんです。
講演会は笑いあり、茶目っ気ありのお話にどんどん引き込まれていきました。

私自身、長男と一緒に何度も『けんかのきもち』の絵本を読み聞かせながら幼稚園での出来事を話したことを思い出します。

子どもに寄り添いたい気持ちと親同士の対面を守りたい気持ちとゆら~ゆら~していた自分の姿も思い出します。

ほんわかの家に来てくれているママさんたちの姿にも、ときどき昔の自分の姿と被る方をお見かけします。

『子育て』は十人十色『私の子育て』がいいと思います。

この本の中には、子育てで大切にしたいことがたくさん詰まっているように思います。

ほんわかの家に置いてありますので、一度手に取ってみて下さい。

柴田愛子さんのメッセージ
[2013/03/16 17:14] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |